温泉360°(オンセンサンロクマル)|温泉まとめ

日本の温泉地の観光からビジネス、ランキングなどさまざまな情報をまとめてお届けします。

温泉360°

草津、別府、伊香保、磐梯熱海温泉ほか、温泉地ニュース(5/12週)


当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています。
地域活性と温泉をさらに考えてみませんか

全国の人気温泉地から最新の情報をお届けします。
温泉旅やワーケーション、温泉地の地域活性ビジネスをご参考にどうぞ。

今回は北海道を除くエリアからさまざまなニュースが届きました。
今年も別府で開催されるホリエモンプロデュースのイベントは注目が高そうです。

群馬|草津温泉

温泉ランキング
温泉100選 1位 じゃらん 1位

観光客数が過去最多に

mainichi.jp

毎日新聞」の記事です。

新型コロナ前にあたる2019年からの"回復"が観光地、温泉地の記事になっていることが多い中、草津は一気に過去最多を記録しました。

日帰り旅行で終わらないように草津は電車の利便性を追求しなかったという記事を読んだことがあります。
長い目で見るとそれが答えになっているのかもしれませんね。

一方で日帰り客が多いことが記事でも取り上げられるのが熱海。
2024年お盆の旅行動向でも第9位に入っています。

news.allabout.co.jp

とはいえ熱海では今も新たなホテルの建設が行われており、宿泊者も多いがそれ以上に日帰り客が多いということでしょうか。

愛媛|道後温泉

温泉ランキング
温泉100選 3位 じゃらん 3位

改築記念タオルがふるさと納税の返礼品に

www.ehime-np.co.jp

愛媛新聞」の記事です。

記念の製品なのでそれなりの金額に設定するのでしょうが、通常購入だと3,000円(税込)で、ふるさと納税の返礼品としては1枚で12,000円だそうです。

記念のアイテムとして保管するものとは別に、実際に使って温泉地を巡りたくなるような温泉タオルもあってよさそうです。

ふるさと納税の内容はこちらでご覧いただけます。

大分|別府温泉

温泉ランキング
温泉100選 4位 じゃらん 7位

ホリエモンプロデュースの音楽フェスが今年も開催予定

www.sankei.com

産経新聞」の記事です。

昨年行われた同イベントはとても注目を集めたように思われます。
温泉の顕在的なファン以外にも温泉地へ向かい、入浴するだけでなく温泉を意識するようになることは温泉地にとっても素晴らしいことではないでしょうか。

こちらもふるさと納税の対象になっています。

イベントは2024年8月31日(土)、9月1日(日)に開催予定です。

 

廃棄する花を温泉熱でドライフラワーにして販売

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2024/05/11/JDC2024042400346

大分合同新聞」の記事です。

花がどれくらい廃棄されていることを知りませんでしたが、ソース記事にこの企業におけるデータが掲載されています。

生花店の売れ残りや、市場で規格外と判断された花は廃棄されている。国内では生産段階で2~3割、生花店仕入れた花の3~4割が廃棄されているという。

-出典:大分合同新聞記事

想像以上に廃棄されていることに驚きました。
温泉熱の利用方法はまだまだ広がっていきそうですね。

静岡|熱海温泉

温泉ランキング
温泉100選 13位 じゃらん 8位

大人向けの展示施設がリニューアルオープン

https://atami.keizai.biz/headline/1024/

「熱海経済新聞」の記事です。

いわゆる秘宝館的な内容の展示施設は他にも存在しているものの、秘宝館という名前のこういった内容の施設は熱海に残っているだけのようです。

すぐ横にある歴史的に関係しない熱海城といい、こういった施設が維持されるのが熱海の強さなんでしょうね。

消滅可能性自治体である熱海市ではありますが、そもそも定義が全国で同じようにマッチするかは疑問もあります。
もちろん若年女性人口が維持できるに越したことはありませんが。

リニューアルは2024年5月14日(火)に行われています。

参考までに本施設を運営しているアタミ・ロープウエイ社は東京ドーム社の関連会社です。

群馬|伊香保温泉

温泉ランキング
温泉100選 16位 じゃらん 23位

移住体験施設の空き家を使った店舗がオープン

nordot.app

群馬テレビ」の記事です。

以前に募集の記事を取り上げた時にオープンする店舗はなぜか飲食店だと思いこんでいました。
オープンした店舗はキャンドルショップで、詳細は渋川市の公式ページにも掲載されています。

最近、メディアで取り上げられた家が外国人に襲われたというニュースを見ました。
この施設の場所は当然知られており、名前も明記されていて、セキュリティの観点からの心配な点も感じました。
人が多いところなので問題ないかもしれませんし、逆に注目を集めてビジネス、移住がよい方向に進むことを祈っております。

和歌山|白浜温泉

温泉ランキング
温泉100選 26位 じゃらん 40位

パンダ・温泉を楽しめる観光列車が運行予定

travel.watch.impress.co.jp

「トラベルWatch」の記事です。

JR西日本エリアの観光列車はとてもワクワクさせられます。
今回発表になったのは白浜行きの企画でした。

1泊2日の行程で宿泊する施設はインフィニティ温泉が楽しめる宿も含まれていて、食事とともに楽しい旅になりそうです。

すでに申し込みはスタートしており、2024年7月6日(土)に出発予定です。
ぜひ夏の旅行の参考にどうぞ。

YouTubeではこの施設も含めて、インフィニティ温泉を楽しめる温泉宿を紹介する動画を公開しています。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gobamboooo/20240518/20240518131123.jpg
【絶景】海や湖と一体化して極上のリラックスを。インフィニティ風呂のある温泉宿20選 - YouTube

神奈川|湯河原温泉

温泉ランキング
温泉100選 63位 じゃらん 34位

ホタルの鑑賞イベントが開催予定

travel.watch.impress.co.jp

「トラベルWatch」の記事です。

先週のニュースまとめ記事に続き(関連リンク)、今週もホタル観賞のニュースが届きました。

今回のソース記事でも"自然発生を含めたホタル"と書かれているとおり、いつまで自然発生したホタルを見ることができるかわかりません。
湯河原温泉に宿泊する方、鑑賞後にJRでお帰りになる方はアクセスの良さをいかして、ぜひお出かけください。

鑑賞会「ほたるの宴」は2024年5月31日(金)~6月9日(日)に開催予定です。

福島|磐梯熱海温泉

温泉ランキング
温泉100選 75位 じゃらん -

温泉地の活性化に向けて高校と連携

www.minpo.jp

福島民報」の記事です。

生きる経験もあれば、時代の異なる生きない経験もあるはずです。
次の若い世代のアイデアを単に聞くのではなく、取り込むことを前提にするくらいで事業アイデアを検討すべきです。

観光目線になる観光協会との連携だけでなく、関係人口を生み出すことにつながるような事業アイデアを導入実験できるといいですね。

次の具体的な内容がニュースに取り上げられることを楽しみにしています。

その他

  • 本記事のランキングは以下のデータを対象としています。